来年も輝きたいんだ!〜函館への一人旅(2)

前回、長々とエントリを書かせていただきました。
写真があるでもない、なにやら計算しておるつまらない内容ご覧いただき
ありがとうございました。

さて…。

「どうしてもダイヤモンドステータスになりたいんや!」という野望を胸に
最後の420ポイント獲得のために函館を目的地にしたわけですが、それにしても
そこ自腹ってどういうこと?と思われる方もいたかと。
(勘のいい人は気づいていると思いますが…)

えと、前回もお話しした「シーズンの始めにダイヤモンド特典をいただける。」というところで、今年も年度の初めに60,000ANAコイン(60,000円分の航空券支払いに使用可能)いただいておりましたので、その中から40,200ポイント使いまして、お財布を傷めずに飛行機に乗らせていただきました。

じゃなかったら…さすがに、ちょっと、ダイヤモンドステータスのために40,000円自腹でだすとか…悩んじゃいます。www

ってなわけで、函館への旅、朝の便で飛んで、3時間くらい滞在して、夕方の便で帰ろうと思っていたわけです。

ん〜…どうせ行くなら、湯の川温泉で湯につかりたいな…という欲求が出てしまいまして、結局「突撃湯の川温泉1泊の旅!」ということになったわけです。
※ 「突撃」に意味はありません…。

旅の準備としては…

  1. 財布、身分証明書などの貴重品
  2. iPhone、Mac Book Air、モバイルバッテリー、各種充電ケーブル
  3. 着替え1泊分
  4. 帰りにお土産を入れて帰ってくるために、多少大きめのバッグ

となりました。いつもの出張よりも荷物が少ないので、余裕の準備。

しかしながら…まったく準備をしていなかった点として…

「どこへいこう?函館で…」

というところ。そこで、急ではありましたが、出発前夜にプランを練り始めました。
そこで、ここへは行こうと決めたのは…

「千秋庵総本家」「函館山」「五稜郭(公園かタワーかは特に考えてなかった)」「プティ・メルヴィーユ(洋菓子屋)」「ラッキー・ピエロ」「ハセガワストア」くらい。まぁあとはもちろん宿を温泉宿にしましたので、湯の川温泉。

函館をうろうろするのは初めてだったので、土地勘がない…というか、距離感がわからず、なんとなくあとはうろうろすれば時が過ぎるだろうと…。夜はのんびり温泉入って、寝ようと決めておりました。

と、次回(年明け)からが、函館の軌跡をお話することとして…ん?あ、今回は、なんとなくつなぎのエントリでございました。まだ、函館の旅、始まっておりません。
さて…そんなわけで、年の瀬にお目汚し失礼いたしました。

みなさま、よいお年をお迎えください。

ほな、さいばば!

投稿者:

ごっし

30代も後半にさしかかっておりますが、なんのかんので子供のように新しいものに目を輝かせる日々。本拠地は北海道、仕事は東京。できればもう少し家族と過ごしたいと思う、普通のサラリーマンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です