Pocket Wi-Fiの意外な使い道?? その1

あまり外出先で積極的にPocket Wi-Fiを使用しなくなって久しいのですが…あ、いや、でも持ってるんです、1台。
そとで長時間通信機器を使わないときは、iPhoneのテザリングでもいいよなぁ…と思ってはいるんですけど、いざという時に、やっぱり使うんですよね…。

とはいえ、e-mobile (もう、Y!mobileになったのか…)も、いつの日からか、7GBの通信料制限が付きましたし、あまり大量には使えない…。と思っていたんですが

「インターネットWi-Fi」

という、造語なのか一般的な用語なのか分からない機能が付いていました。
まぁ、つまりは、3G(やLTE)回線を使わず、フリースポットWi-Fiや所有するWi-Fiルータに相乗りしようという機能でございます。
こいつがあれば、複数の機器をPocket Wi-Fiにつなぎつつ、SoftbankのWi-Fiスポットを使うことができるわけなんです。
通信使用量も増えなくて嬉しいっ!

で、さらに別な使い方ができるなと…。

ホテルに持って行くWi-Fiルータは、小型のものを持って行くので大抵の機種で「同時接続5台」という制限があったりします。
すると、ホテルの部屋に

  • Mac Book Air
  • iPad Air
  • iPhone
  • Nexus7
  • Chromecast
  • Nintendo 3DS

が存在すると、接続台数の限界を超えてしまい、ぶちぶちと通信が切れる自体に…。あ、いや、同時に全部使うわけじゃないので、Wi-Fiとか切れば良いんですが、まぁ、そのために鞄から出し入れするのも面倒というわけで…

しかし、普段持ち歩いているPocket Wi-Fiで、Wi-Fiルータに相乗りしてやると、Pocket Wi-Fi + Wi-Fiルータで、計9台までの機器を、ホテルの部屋の回線に接続可能なんです。
※ Pocket Wi-FiがWi-Fiルータに接続しているので、1本分減る。電源タップのたこ足配線を想像していただくと分かるかと。

いや、まぁ、いわゆるひとつの、Wi-Fiのたこ足配線なわけです。しかも、Pocket Wi-Fiは5GHzでWi-Fiルータに接続し、2.4GHzの機器を接続することができる…。
Nintendo 3DSやChromecastは2.4GHzしか話せないので、せっかく5GHzで話ができるWi-Fiルータを持っていても、その恩恵を受けられなかったものを…。5GHz対応機器と2.4GHzのみ対応機器を同時につかえるわけなんです。それぞれの最適な環境で。
※ そういうWi-Fiルータもぼちぼち出てはいますが…

…これ、文章だけだと、なんだか分からないな…。
後で、絵を描いてみよう…。

インターネットWi-Fiを使ったホテルネットワーク環境を絵に描いてみた
インターネットWi-Fiを使ったホテルネットワーク環境を絵に描いてみた

 

というわけでですね、Pocket Wi-Fiは、野外で役に立つだけではなく、なんだかガジェットを沢山持ち歩いている、僕のような人にとっては、別な役立ち方もあるんだぞと…。思ったので、その設定方法については…別なエントリで…。

長く書きすぎたな…。

では、またのお楽しみ。(汗)

投稿者:

ごっし

30代も後半にさしかかっておりますが、なんのかんので子供のように新しいものに目を輝かせる日々。本拠地は北海道、仕事は東京。できればもう少し家族と過ごしたいと思う、普通のサラリーマンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です